紬 日本語


Warning: preg_match(): Compilation failed: invalid range in character class at offset 34 in /home/xb354751/reninc.co.jp/public_html/wp/wp-content/plugins/nextgen-gallery/products/photocrati_nextgen/modules/nextgen_basic_tagcloud/package.module.nextgen_basic_tagcloud.php on line 183

Warning: preg_match(): Compilation failed: invalid range in character class at offset 34 in /home/xb354751/reninc.co.jp/public_html/wp/wp-content/plugins/nextgen-gallery/products/photocrati_nextgen/modules/nextgen_basic_tagcloud/package.module.nextgen_basic_tagcloud.php on line 183

Warning: preg_match(): Compilation failed: invalid range in character class at offset 34 in /home/xb354751/reninc.co.jp/public_html/wp/wp-content/plugins/nextgen-gallery/products/photocrati_nextgen/modules/nextgen_basic_tagcloud/package.module.nextgen_basic_tagcloud.php on line 183

「もったいない」を大切に

私たちは日本の伝統と技術の詰まった着物を大切にしたいと思っています。
例えば着る人がいなくなり捨てられたり、お手入れができずに痛んでいく着物を少しでも減らしたいのです。私たちはお買取はいたしません。無料でお引き取りしたお着物を、大切に保管し着物を楽しみたいお客様にお使いいただきます。
お引き取りした着物の中にはすでに着物として着ることが難しいものもあります。そういう着物はリメイクして形を変えて、多くの方にその美しさに触れ、日常で使っていただけるようにしています。
着物は糸を作るところに始まり織り、デザイン、縫製などなど多くの過程をへてできています。そのような作り手の思いや、着物の持ち主の方の思い出などそれぞれの想いをつむいで次の方への思いへつなぐそんなお手伝いができたらと思っています。

人生の特別な日をさらに思い出深く

外国人ゲストの結婚式着付けプロデュース

オーストラリア人ゲスト26名の着物・小物のレンタルおよび着付けのを手配しました。初めての着物にもかかわらずゲストの皆さまが大変喜んでくださったことが何よりも思い出深いです。ご賛同くださりお力を貸してくださった着付け師の先生方、着付け会場を貸してくださった町内会の皆様にも心からの感謝を申し上げたいと思っています。

業務内容
オーストラリアとの画像データによる着物選び / 着付け会場の手配・会場の設営ならびに飾り付け(i.e.g.事業部) / 英語での会場内の案内および着物着用時のマナーマニュアルの作成(i.e.g.事業部) / 着付け師手配
※価格はプランごとにことなります。お問合せください。

短期留学先での振袖の着付け

カナダのバンクーバーアイランドに短期留学しているお子様の思い出作りに振袖を着せてあげたいとのご依頼をいただき、1週間の日程で随行させていただきました。振袖を着て街中に撮影に出ると、すれ違う地元の方達が“Beautiful” “Amazing” などたくさんの声をかけて下さいました。若いカップルは初めて観る着物に感動して一緒に写真を撮って欲しいなど、着物の魅力を再確認することができました。はじめは初めて着る振袖と周りからの注目に緊張していたご本人も、撮影が終盤になるにつれ、自然な笑顔がこぼれ素敵な写真をおさめることができました。

業務内容
振袖と帯、小物一式のレンタル / 着付け / ガイド・通訳
※価格はプランごとにことなります。お問合せください。

はこだて国際民俗芸術祭アーティストのための浴衣収集・着付け

2018年に初めて取り組みをした『浴衣de函館散策』
函館市内の各所にチラシを置いていただき市民からたくさんの浴衣の寄贈をいただきました。
タンスの中に眠っていた浴衣を寄贈してくださったお一人お一人に心からお礼を申し上げます。

 

 


 
 
 

 

Our origin

ある年の4月・・・。
私のもとに1通のメールが届きました。それは8月にフランスで結婚式を控えた新婦さんからのご相談でした。
フランスの結婚式でウェディングドレスの後、お色直しに打掛を着たい、フランスで着付けの人を探すのは簡単なことではなく、また非常にコストがかかるので困っているというものでした。
大切な晴れの日のご相談をいただいたことは大変に嬉しいことで出来る限りのお手伝いをさせていただくこととなりました。
そして当日、フランス人新郎は紋付はかま、日本人新婦は打掛にお色直ししてゲストがパーティを楽しんでいるお庭へ・・・
その時のゲストのどよめきは忘れられないものとなりました。
広いお庭が感動に包まれゲストの皆さんが着物姿の新郎新婦に心を奪われていました。新郎新婦もゲストが喜んでくれたことがなによりも嬉しかったとのことで、着物の持つスペシャリティを肌で感じた瞬間でした。
これが私たちの原点です。